借入に向いていない資金使途

実は借入には向いていない資金使途もあります。
返済が長期に及ぶもの、それは家計をやりくりしている主婦では返済が行き詰まる可能性があります。
毎月返済は必ず行わなくてはなりません。
一方で貯蓄となればどうでしょうか。
必ず毎月行わなければならないものではなく、余裕があるときには将来のために確保していくものです。
今、借入をすることでこれから先の支出に確実な返済という項目を作るよりも、長期に及ぶのであれば定期預金を解約して積み立てなおすという方法も検討しなくてはなりません。
それほどの長い期間、確実に一定額の返済を用意できるのか、今一度考えてみましょう。
期間だけではなくそもそもの資金使途が向いていないということもあります。
ギャンブルのため、借金の返済のため、それでは借入で対応できるものではありません。
ギャンブルはその返済を勝った金額で行うと考えることでしょう。
それでは負けたときにはどうなるのでしょうか。
当然返済ができなくなります。
借り入れの返済は返したり返さなかったりということはできません。
毎月必ず返済をしていかなくてはなりません。
そのため勝ったら返す、負けたら返さないということはできないものです。
借金返済のための借り入れも危険です。
それは自転車操業に陥っている、つまり多重債務の危険性を表しています。
多重債務というのは借り入れをしている件数が問題なのではなく、返済ができないという状況を指しています。
借入によって返済額を用意するようであればそれは既に多重債務といえるでしょう。
借金を一本化するためにおまとめローンをするのとは違って、単純に毎月の返済額が不足するために借り入れをするのであればそれは到底資金使途には向いていないということになります。
また、意外と思われるかもしれませんが生活費の補てんもまた資金使途に向いているものではありません。
毎月の生活費が不足している、だから借入で賄う、これは危険です。
なぜならば来月以降急に収入が増えるということもないでしょう。
そのため現在と変わらない収入と支出の中で借入によって賄ってしまえば来月には返済という新たな支出項目が加わります。
そして生活費も同じように不足し、借入と返済が同時に発生することになるでしょう。
これでは借り入れの金額膨らむ一方であり、完済はいつになっても終わりません。
カードローンは便利な借入の方法です。
しかしその資金使途を見誤ってしまえば家族のお金を管理している主婦でありながら借金地獄に陥る可能性もあります。

税金滞納、消費者金融から借り入れをする?

生活費に困窮し、もしくは何らかの事情で税金の支払いをすることができなかった場合には大きな金額に膨れ上がっていることは少なくありません。
市区町村役場に行くと滞納した税金の分割払いを相談することができます。
思っている以上に大きな金額になってしまったということは少ないことではありません。
債務整理などを行ったとしても税金は債務ではないために遅延損害金については相談することができるものの税金自体をなくすることができません。
どれだけ時間がかかったとしても必ず払わなければならないのが税金です。
その滞納した金額を消費者金融からの借入金額で対応したい、そう思われるかもしれません。
しかしまずは役場に相談をして支払いの計画を立てましょう。